▪️次のボックスに適当な文字列(複数可)を入力して、当ブログ内を検索できます ▪️下の目次タイトルをクリックするとテーマ別過去記事の目次へ飛びます
    ・目白の風景 今昔:目次
    ・吉祥寺の風景 今昔:目次
    ・昔と今の写真(番外編):目次
    ・地中海バブル旅行etc.:目次
    ・旅のつれづれ:目次
    ・母のアルバム:目次
    ・目白ジオラマ鉄道模型:目次
    ・すべてのカメラに名前がある:目次

下田東急ホテルと幽霊ホテル2016年01月20日

前回)からの続きです。

今回の旅行の宿泊先は「下田東急ホテル」でした。
1962年開業の老舗ホテルですね。
建物は古いですが、清潔な施設と老舗らしいサービスは快適でした。
立地も最高で、さすが下田の開発に力を注いだ東急グループのホテルです。

ホテル近くの鍋田海岸(海水浴場)から見上げた次の写真中央、
高台にそびえる姿が立派でしょう?
鍋田海岸から東急ホテル
下田港観光の「黒船遊覧船」から眺めた次の写真でも、
ホテルの立地条件の良さがわかります。
01

逆にホテルの客室から、海(大浦湾)を見下ろしてみるとこうです。
02
到着した日の夕方に撮りました。海岸線の形が面白いです。
また、庭園の芝生に、シュロやソテツの影が長く伸びているのも印象的。
江戸時代も同じ景色だったらしいですよ。
03a
(これは寝姿山ロープウェイ乗り場にあった下田大浦湾の紹介図です)
また客室の窓台には、周辺の島々の説明パネルが置いてありました。
03b
これを見ながら、次の夜明け前の様子も楽しく観察しました。
03
やや左手におむすび型の赤根島、その奥に須崎半島。
半島の先端には、岩礁の上にある小さな灯台(下田灯台)の白い光。
灯台の右上に霞んでいるのが伊豆七島の新島ですね。

さて、市内観光の帰り、天気も良かったので、
徒歩でホテルへ戻ることにしました。
高台にあるホテルへのアクセスは次のような道です。
04
その道の途中で、崖の上に廃墟のような建物を見つけました。
05
これは側面からの見上げですが、裏から見るとこうです。
06下田グランドホテル
病院?学校?何だろうと判断しかねていると、
崖の途中に施設名らしき看板が残っていました。半分朽ち果てて。
07
欠け落ちた部分を補うと、「下田グランドホテル」となりそうです。

東急ホテルに戻って、
フロントマンに「下田グランドホテル」のことを聞いてみると、
彼がホテルマンになるずっと前に廃業したホテルで、
それ以上の詳しいことは不明とのことでした。

普通、「グランドホテル」という名称は、
その地域を代表するホテルにだけ許される名前のはずですよね。
かつてグレタガルボが主演した映画『グランド・ホテル』(Grand Hotel)でも、
名士や金持ちが集い、様々な喜怒哀楽の人生ドラマが繰り広げられる場所でした。

自宅に帰ってから「下田グランドホテル」のことをネットで調べてみると、
おぼろげながら、わかってきたことがあります。
年代順に出来事を追ってみると、次のようになります。

1957年 東海観光下田グランドホテル開業
1961年 伊豆急行線全線開業(伊東〜伊豆急下田)
1962年 下田東急ホテル開業
1967年 下田グランドホテルで火災
1987年 下田グランドホテル譲渡、後に廃業

かつて下田グランドホテルは地域一番のホテルだったのでしょう。
時代的にまともな競争相手も無かったと思います。
そして、伊豆急行線開通後には観光客が飛躍的に伸びたはずですが、
火災に遭うなどの不運もあり、
また東急グループをバックにした東急ホテルとの競争にも敗れ、
再建策を探ったものの引受手もなく、遂に廃業に追い込まれた。
市民からは「景観上見苦しいので公費ででも取り壊しを!」
との声は大きいが、多額の解体費用を官民いずれも負担できない。
今でも各地の観光地で普通に繰り返されている悲劇ですね。
だから、崖の上の一等地に建つホテルに宿泊するのは今や「幽霊」だけ。

でも、このような「廃墟」に萌える人達がいるんですね。
実は、私もその一人かもしれません。
下田観光の途中でも、
そのような廃墟があると思わずカメラを向けてしまいました。

東急ホテル近くの「城山ホテル」
08

道の駅「開国下田みなと」近くの「下田温泉」
09

その朽ち果てそうな外観にもかかわらず(あるいはそれゆえに)、
何十年も前にこれらのホテルに宿泊した人々の思い出が、
この廃墟に充満しているような気がします。
毎年、海水浴の季節になると「幽霊」さんもきっと戻ってきてますよ。

さて、21年前、私が家族を連れて下田白浜に海水浴に来た時に宿泊したのは、
東急ホテル等の大手とは比較しようもない小さなペンションでした。
名前は「AIUEO」と、ちょっと人を食ったようなネーミング。
感じの良いペンションながら、その名称は何十年も続くとは思えませんでした。
だから、こう言っては何ですが、もう廃業しているかと思いました。
ところが、健在!!でした。
しかもペンションのホームページを見ると、
21年前よりも部屋や食事がランクアップしているような感じ。
これなら家族連れで快適かつリーズナブルに泊まれそうです。
う〜む。
人もホテルも、その栄枯盛衰はわかりませんね。
と、21年前にお世話になった縁で、
「ペンションAIUEO」の宣伝をしてしまいました。

次の写真は、1994年8月の伊豆白浜海水浴場。
10昔の伊豆白浜海水浴場
中央右手に写っているのは「下田プリンスホテル」ですね。
このころ当家は緊縮財政だったので、プリンスでは、お茶を飲んだだけ。

(伊豆下田の話、まだ続く

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問をやむを得ず設定しました。お手数ですが当ブログタイトル「○○の風景」の○○を漢字で。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mejiro.asablo.jp/blog/2016/01/20/7996943/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。