▪️次のボックスに適当な文字列(複数可)を入力して、当ブログ内を検索できます ▪️下の目次タイトルをクリックするとテーマ別過去記事の目次へ飛びます
    ・目白の風景 今昔:目次
    ・吉祥寺の風景 今昔:目次
    ・昔と今の写真(番外編):目次
    ・地中海バブル旅行etc.:目次
    ・旅のつれづれ:目次
    ・母のアルバム:目次
    ・すべてのカメラに名前がある:目次

無改造ベビーローライに35mmフィルム22017年03月22日

前回)からの続きです。

ベビーローライで撮影
この写真は、二眼レフの「ベビーローライ Baby Rollei」に
35mmフィルムを装填して撮影したものです。

当時の競合機である「プリモジュニア」や「ヤシカ44」に、
35mmフィルムを装填した例は散見されます。
ところが、このベビーローライの例はありませんでした。
その理由としては、
・貴婦人のように美しいカメラなので、畏れ多くて改造できない。
・フルオートマットであるが故に、撮影コマ送りが勝手にならない。
などが考えられます。

ところが、前回の記事に書いたように、ちょっとした細工で、
フルオートマットを制御することが可能となりました。
その細工を生かして、
今回35mmフィルムを使うことができるようになりました。
その概略を以下に記します。

まず、前回と同じく、
127フィルム用の遮光紙にダミーのフィルム片を貼り付けます。
02
そして、次の写真のように適当な35mmフィルムの一端を、
このダミーフィルムに仮止めします。(あくまでも仮止めです)
ベビーローライに35mmフィルム
このままの一式をダークバックの中に持ち込みます。
ここからは手探りの作業になります。
まず、パトローネからフィルムを引き出しつつ、
遮光紙と共にスプールAに巻き込んでいきます。
適当なところでフィルムをカットして、
あとは遮光紙の残りを全部巻き取ります。
次に、スプールBに逆の手順で全てを巻き戻します。
途中、フィルムの開始位置では、
35mmフィルムの開始端をダミーフィルの下に潜らせ、
テープで本止めします。
そして、スプールBに全部巻き戻したら完成です。
04
これで普通のベスト判フィルを使用する時と同じように撮影できます。

今回使用したパトローネは、
16mmフィルムの切り出しに使った残りだったので、
数枚分しか撮れませんでしたが、一応、現像結果は次の通りです。
05
これをスキャナにかけて、
最初の写真とか次の写真ような画像を得ました。
ベビーローライと35mmフィルムで撮影

一応成功かな?
とはいえ、残る課題もあります。例えば、
・この方式ではフィルムが左右に蛇行する可能性がある。
・撮影時、フィルムがガイドレールに乗らずピントが甘くなる。
などです。

それでも、お遊びとしては結構おもしろかったですよ。
備忘録としてフィルム製作図を書きました。
ベスト判に35mmフィルム
ここに示した寸法(61.7cm程度)で35mmフィルムをカットすれば、
きちんと12コマ撮影できるはずです。
また、この自家製フィルムは、プリモジュニアやヤシカ44にも使えます。
(カメラを持ってないのでまだ試してないけど、断言!)

(一旦、終り)

無改造ベビーローライに35mmフィルム12017年03月20日

クラシックカメラ好きは、
自分の愛機を「貴婦人」と呼ぶことが多いようですが、
本当にその名にふさわしいと私が思うのが、
次の写真の二眼レフ" ベビーローライ Baby Rollei "です。
ベビーローライ
127フィルムという今ではレアなフィルムを使い、
4x4cmの真四角な写真が撮れます。
この規格の二眼レフは、
60年ほど前に何種類か発売されたものの、
実用性の低さからすぐに廃れたそうです。
その実用性の低さも、現代においてカメラ遊びをするのには、
逆に魅力となっているのかも知れません。
そんな理由で、貴婦人を手に入れて遊んでみました。
Baby Rollei

まず最初は、通販で入手したフィルム(高い!)を入れ、
普通に撮影してみました。
02
貴婦人らしく、何かと扱いにくいカメラですが、綺麗に撮れます。
(問題点もありました → 後日のテーマ)

このカメラは、ベスト判フィルム(127フィルム)を使います。
このベスト判のような「紙巻きフィルム」を使う場合、
当時一般的な機種では、裏蓋の赤窓を覗きながら巻き上げ、
赤窓に表示される数字でフィルムのコマ数を確認するのが普通でした。
私の使っていたフジペットもそうでした。
赤窓
ところが、ローライフレックスのシリーズでは、
フィルムの厚みを感知して、すべて自動でカウントするそうです。
いわゆる「フルオートマット」と言われる機能です。
試しに、フィルムを取り除いた遮光紙だけをスプールに巻きつけ、
正規のフィルムを装填した時と同様に操作してみました。
巻き上げノブを回せば遮光紙は送られるのですが、
確かにカウンターは「0」から頑として進みませんでした。
03
「フィルム入ってないじゃないの!」と仰っているわけです。
なかなか賢い貴婦人です。

この自動カウンターの仕組みを調べてみました。
その機構は、裏蓋を開けると案外簡単に分かっちゃいました。
次の写真の赤矢印の突起が、メインの役割を担っているようです。
04
後日入手した使用説明書でも、この突起の名称は
"Automatic film feeler mechanism" とされていました。

とすれば、貴婦人のこのメカニズムを「騙すと」どうなるでしょう?
次の実験をしました。
使用済みフィルムの遮光紙を用意し、
元々のフィルムが貼られていた、その開始位置に、
次のように現像済みフィルムの切れ端を貼り付けました。
05
この写真の白矢印部には、
遮蔽紙に貼られたフィルムの厚み分の「段差」があります。
この段差が先ほどの突起を「蹴飛ばし」、
その結果フルオートマットのメカニズムが働き始めるはずです。
まず、スタートマークを合わせ、
06
カンターの「0」を確認して、
07
巻き上げノブを回していくと、途中で「カチャリ」と音がしました。
多分、突起が蹴飛ばされた音でしょう。
そこからは、次のようにカウンターが進み始め、
08
窓に「1」が現れてきました。
09
「1」になったところで裏蓋を開けてみると、次のように
10
確かに一枚目の位置まで送られていました。

再度この手順にて一枚目まで送った後、
今度はシャッターチャージとリリースを繰り返しました。
すると正常にカウンターが進み始め、「--- 6・7・8 ---」を経由して、
最後の「12」まで到達しました。
12
ここで裏蓋を開けると、
13
目論見通り「12」のコマ表示が現れていました。
ということは、
初めの部分だけフィルムを貼り付けた偽フィルムを使って、
カメラを騙すことに成功したことになります。

続く

祖母の名はフク富久婦久2017年03月13日

母が亡くなって早や7年、
住む人のいなくなった家を手放す事になりました。
今度は遺品の整理というよりも、一切合切の処分です。
そんな処分品の中から、また現れた古い写真の束。
遺品の写真
どうしたものかと悩みました。

写真の一枚一枚が人生の記念碑だった時代には、
このような遺品の写真は捨てるに忍びず、
次の人へ、そしてまた次の人へと、
人が亡くなるたびに、遺族の誰かへと引き継がれていったのでしょう。
だから、古い写真の束の中は、
元々の所有者が誰なのかさえ分からなくなった写真ばかり、のはず。

そこで私は考えました。
「私の見知った顔が写っている写真だけを残そう」と。
感覚的には、それで十分の一くらいに減らせそうです。
先日までは、その存在さえ知らなかった写真ですから、
あるいは、何も見ずに「えいやっ!」と捨てても良いくらいです。

ところが、無駄に残っていた訳では無い、ということなのか、
先日は「陽明門の下で記念写真を撮る祖父」を見つけ、
祖父の顔を初めてきちんと認識することができたし、
今回は、次のような写真も見つけました。
祖母と父の110年前
父のアルバムに貼ってあった一枚の写真と同じものです。
(その写真のことは「108年前の祖母に会う」に書きました)
赤子を抱いた女性は、私の全然知らない顔立ちなのですが、
私に「この人は実の祖母!」と確信させた、不思議な力を発する写真、
それと同じものを見つけたのです。

そして、一応裏面を確認してみると、次の書き込みがありました。
03
このように、写っている5名全員の名前が記され、
父の名前の隣の文字は「富久」と読めます。
父の戸籍謄本から、
その父は狷造・母はフクという名前であることは知っていたので、
この女性が私の父方の実祖母であることは、
単なる確信ではなく、正真正銘の「事実」になりました。
撮影年も、もちろん予想通りの明治40年(1907年)でした。

おまけに、このフク・富久さんの写真は他にも見つかりました。
04
出てくるものですね、100年の時を経て。
その中の次の一枚は、二歳になった父を抱いた写真です。
05
この裏では、今度は「ふく子」と自称していました。
06
昔は女性の名前について、戸籍上は単純なカタカナだけなのを、
「子」を付けたり、適当な漢字を当てたりしていた、
というのは本当なんですね。

とにかく、こんな発見がありながら、写真を分別していきました。
そして、知らない顔ばかりの写真は、当然、廃棄側に分類するのですが、
次の写真でふと手が止まってしまいました。
07
知らない顔というよりも、どの顔も退色して、誰だか分かりません。
撮影した写真館は、東京本郷区弓町二丁目(今の文京区本郷二丁目)と、
宇都宮へ嫁いだ祖母には縁のなさそうな場所です。
でも写真の古さ加減から、
ひょっとしたら祖母の写っている一枚かもしれないと思い
裏面に「富久」の文字を探しました。
08
左から二人目の名前に「富」の字はありますが、
「下條富志?子」としか読めません。
別人でしょう。

捨てそうになって、でも、左奥の人物の雰囲気に、
捨ててはいけない、という何かを感じ、
念のため、Photoshopで目一杯調整してみると、こうなりました。
09
気になった女性の顔は、祖母のフクに、とても良く似ています。
「そうなのかな、でも、名前が無いしな〜」と思いつつ、
裏面を再度確認すると、発見!
「野口婦久子」とあるではありませんか。
しかも「野口」は祖母の旧姓だった、と気づきました。
「富」の漢字にこだわり過ぎて、こちらを見逃してしまったのですね。

この写真の撮影は明治三十八年とありますから父誕生の二年前です。
ということは、まだ多分十代の、嫁入り前のフクさんですね。
その若く美しい姿を、
112年後の私に何としても見せたかったのだ、としか思えません。
それにしても、このフクさん、
一体いくつの「ふく」を使い分けていたことやら...

日光東照宮陽明門で111年前の祖父に会う2017年03月11日

陽明門の大修理が済んで、昨日から一般公開されたそうです。
東京新聞の夕刊に載っていました。
陽明門修理完了

実は、つい10日ほど前、昔の写真の束からこんなものを見つけました。
日光「東照宮陽明門」の前で畏まる祖父(写真右側の人物)の写真です。
祖父の写真

私は最近まで実の祖父母4人の顔を知りませんでした。
ところが、幸いな事に、母の遺品の写真を整理するなかで、
二人の祖母の写真と思われるものは見つけました。
それでも、二人の祖父については相変わらず不明でした。

それが半月ほど前に、実家の家財道具等を処分していた姉から、
「また、写真があったよ」と、三袋分ほどの写真を託され、
遺品から三袋の写真
その中に、この陽明門の一枚がありました。
場所と人物が判明したのは、写真の裏に次の説明文があったからです。
裏書き
これを読むと明治39年に、祖父(狷造)は奉幣使の随行員として、
日光二荒山神社の例祭(今でもやっている)に参列し、
ついでに東照宮にも立ち寄ったのですね。
今から111年前、西暦1906年のことです。
祖父は、今で言う所の県の役人だった事になります。
それも初めて知りました。

祖父の顔と名前が、ようやく結びつきました。
せっかくですので、この写真を往時の姿に蘇らせるべく、
Photoshopで色々手を加えてみました。
写真修正
こうして、人物の顔も鮮明になってくると、
私の祖父は、なかなか凛々しい顔立ちであるように見えます。
その遺伝子は、ちゃんと伝わっているのかな?

ちなみに日光東照宮は実家と同じ県内ということもあり、
何回も訪れたことがあります。
東京で暮らすようになってからも、
「鳴き龍」のレポートを夏休みの宿題とした次女のために、
わざわざ東照宮まで連れて行ったこともありました。
その時の写真もありますね。
1995年の陽明門
奇しくも、最初の記事写真と同じアングルからの撮影ですが、
こちらはデート表示の通り、1995年8月11日のものです。
まさに夏休み真っ最中。
そして、その日の東照宮で撮った次のような写真もありました。
三猿の見ざる
「見ざる、聞かざる、言わざる」の「三猿の彫刻」の前で、
「見ざる」のポーズをとっている私です。

陽明門の前で衣冠束帯にて畏まる祖父に対して、
綿パンTシャツ姿で猿の真似をしている私って、
いくら時代が違うとはいえ、大いに疑問ありですね。

無い知恵絞って鉄道模型レイアウト2017年03月07日

前回)からの続きです。

90cmx60cmのパネルを3枚接続して、
畳一枚分の大きさのレイアウトを作れるはずでした。
レイアウトパネル3枚
ところが繋げた後に作業を続けてみると、
重さ以上に大きさによる障害が出てきました。
組み合わせ後のパネルを、
両手両腕ではさみつけるように持ち上げてみると、
わずかに傾いただけでも結構あおられます。
両手に加わるモーメントがとても大きくなり、制御不能に陥りそうになります。
これでは何回もセットしたり片付けたりしているうちに、
腰を痛めるか住まいを痛めるか、事故は必至と思えました。

それで、止むを得ず二つに分割することにしました。
Nゲージ線路レイアウト
このレイアウト図の中の赤の縦線二本のうち、
左の方を分割ラインとしました。
ここで分ければ、分割線上の線路は4本だけ、
しかもすべて単純な直線線路です。
影響を最小限に抑えることができます。
ただし、遊んでいる最中に蹴飛ばしたりしてパネル同士がズレてしまうと、
分割ライン上の線路が壊れる可能性があります。
そのため、次のようなズレ対策を講じました。
パネル接続パッチン
つなぐ時は、止め金具でパネル同士を緊結することにしたのです。
この金具、あちこちで見かけるでしょう?
03
この金具の名称は「パッチン」だそうです。知ってました?
近くのホームセンターで買いましたが、ホームセンターって、
この他にもいろいろ便利なものがあるんですね。
それらを見ていると、何時間いても飽きないくらいです。

ホームセンターで、次のものも買いました。
電動ドリル&ドライバー
電動ドリル(充電式ミニドリル&ドライバー)です。
これまで欲しいと思ったことは何度もありましたが、
どの商品が良いのか判断できずに買わずじまいでした。
一口に電動ドリルと言っても、先端工具の取付規格が複数あるらしく、
どのドリルとどの工具が適合するのか良く分からなかったからです。
今回も、購入した電動ドリルを家に持ち帰って、
以前から手動で使っていた12mm木工ドリルを取り付けようと思ったら、
はまりませんでした。
専門用語で言うと、
・電動ドリルのビット差込口は「6.35mm六角軸用」であり、
・使いたい先端工具は「外径6mmの丸軸タイプの木工ドリル」
だったということらしい。
でも、対応策をネットで調査した結果、
「六角軸ドリルチャック」を買えば良いことが分かりました。
このチャックを間に入れれば、
外径10mm以下の丸軸タイプのドリル(先端工具)が、
6.35mm六角軸用ビット差込口に取付られるのです。
そうして目出度く取り付けたのが先ほどの写真です。

この電動ドリル、こんな風に使いました。
電動分岐ポイントのケーブルをパネル裏側に導くための穴あけです。
05

06

07
こうすれば、ジオラマ模型において目障りなケーブルが隠れますね。

また、道具って、あれば他にも使ってみたくなるものです。
手動のキリもみと違って、電動ドリルは狭いところの穴あけも得意です。
レイアウトパネルの裏側を見てアイデアが湧きました。
次のようにパネル用の「手提げ紐」を付けてみたのです。
08

09

10
ドリルを6mm径のものに付け替えて開けた穴に、
"ゴディバ GODIVA"の手提げ袋の手提げヒモがぴったりでした。
これで、信じられないくらいパネルの操作性が向上しました。

「ひょっとすると元の大きなパネルでもいけるかな?」と思い、
もう一度パネル3枚の接続を復活させて、
試しに、下の写真の二箇所にヒモを付けてみました。
11
すると、軽々と持ち上げることができるじゃありませんか。
ゴディバの手提げ紐、大正解!!でしたよ。
バレンタインのチョコレートは貰ってみるものですね。

そして現在の状況。
レイアウトパネルと手提げ紐
未開の造成地に、鉄道だけ通った状態が次です。
立て掛け可能な鉄道模型レイアウト
こちらの部屋からあちらの部屋へ、持ち運び自由自在。
収納するのも簡単になりました。
道具と頭は使いよう、昔の人の言うとおりでした。

(続く)