▪️次のボックスに適当な文字列(複数可)を入力して、当ブログ内を検索できます ▪️下の目次タイトルをクリックするとテーマ別過去記事の目次へ飛びます
    ・目白の風景 今昔:目次
    ・吉祥寺の風景 今昔:目次
    ・昔と今の写真(番外編):目次
    ・地中海バブル旅行etc.:目次
    ・旅のつれづれ:目次
    ・母のアルバム:目次
    ・目白ジオラマ鉄道模型:目次
    ・すべてのカメラに名前がある:目次

44年前の吉祥寺橋で自転車の令嬢2021年09月20日

随分昔に吉祥寺の自宅周辺で撮った写真のうち、
撮影場所が特定できない写真がありました。
昭和の自転車の令嬢
写っているのは自転車練習中の女房です。
特に場所を推定する手がかりも無く、
に掲載したものの、撮影場所を特定するのは半ば諦めていました。
ところが3ヶ月ほど前、
拙ブログに御訪問くださったASさんがヒントをくださいました。
「吉祥寺北町三丁目の吉祥寺橋付近で撮られたものではないでしょうか」
とのことでした。
そして、秋晴れの休日、行ってみました。
ズバリでしたね!
次の写真のように昔と同じ方向、同じ画角で撮ってみました。
現在の風景

02a

事前に次の写真のストリートビューを見ていましたから、
間違いないとは思っていましたが、
改めて現地に立つと「遂に戻って来たな」という充実感があります。
03

この吉祥寺橋は、成蹊大学の北、吉祥寺北町と練馬区関町の境目にあります。
04吉祥寺橋
この吉祥寺橋から、昔のカメラ位置を逆に眺めてみると、
05生産緑地

05a
生産緑地と新興住宅が混在する風景。
いかにも吉祥寺と練馬区の境界っぽいですね(と知ったかぶり)。
吉祥寺橋は、この写真の道路沿いを流れている千川上水にかかる橋の一つでした。
06千川上水
ASさんのおっしゃる通り「気持ちが落ち着く、良い場所です」ね。


「環状第5の1号線」続報2021年05月06日

前回)からの続きです。

この道路計画について、
次の事業範囲図の朱塗り部分、断面2から断面3に注目してみます。
事業範囲図

02
この②断面図で都電の下をトンネル状に走っている地下道路が、
次の③断面図のように地上に出てくる所です。
03

8年前の2013年は、次のようにまだ手付かずでしたね
04
北方向のグリーン大通りに向かって左側、工事中の大きな建物は豊島区役所です。
そして8年後、2021年5月、区役所はもちろん完成していますが、
道路自体は次のように真っ平らなまま。
05

ところが逆方向は、ついにトンネルの出口が見えてきました。
06
風景が大きく変わるな〜、と実感。

補われた18年前の記憶2021年04月30日

2003年の夏休みに、日光の中禅寺湖へ遊びに出掛けたことがあります。
その時の記録写真が次。
01EX-S1デジカメ
この旅行に携行したカメラは「カシオ CASIO EXILIM EX-S1」。
カードサイズのデジカメ、今で言えばおもちゃみたいなカメラですから、
撮影枚数が17枚と少ないのも「あまり気合が入ってなかったのかな」と合点していました。
ところが、先日、未スキャンのフィルムとプリントが数本分見つかり、
その中に、この日光旅行のものとおぼしき一本もありました。
02
年代的には「ミノルタ Minolta α-7700i」が使用機材のはず。
早速スキャニング。
03
そして現像。
04
色味調整をやっているうちに、当時の記憶も甦ってきます。
簡易な旅程を手帳にメモしていましたので、
フィルムに残されていた日付と照らし合わせれば、
全部の写真について、ほぼ適正な撮影時間が推定できます。
05
そして、元々あったデジタル写真と、次のように合体。
06
こうして、37枚の写真を補填して、完璧な記録となりました。
めでたしめでたし。

iPad写真をWindowsへ2021年03月19日

娘から課題を与えられてしまいました。
iPadからWindowsへ写真移行
彼女が使用していたiPadには、
「写真」アプリに保存したアルバムが80ほどあります。
それらの中の写真をWindowsで使うために、
上の写真左側のHDDに移して欲しいとの要望です。
アルバム数で80あまり、写真の総数では4千枚くらいあります。
この課題をクリアするために、今回、私が学習したことがいくつかあるので、
それを備忘録がわりにまとめてみました。

まず、私が考えた移行作業の全体像は、次の概念図のようになります。
01
左端のiPadから私のiMacへ画像データを移します。
これは、例の「AirDrop」を使えば、簡単にできますね。
iPadのアルバムの中の個々の写真を全て選択して、
AirDropでiMacに送れば良いわけです。
まあ、当然アルバムの数だけ繰り返す必要はありますが。
ここで、一つのアルバムに対して、
一つの受入フォルダを事前にiMac上で用意しておくと、
後々の作業と整理が簡単になりそうです。

問題は、その先。
最終受け入れ先であるHDDが、
Windows用のNTFSでフォーマットされていました。
ということは、このHDDは私のiMacにつないでも、
読めるけれども書き込めません。
もちろん、我が家のWindowsマシンに繋げば、
何ら問題なくフルに読み書きできます。
そこで、先ほどの概念図になるわけです。

参考例をネットで調査した結果、
というサイトに事例紹介がありました。

WindowsPCにHDDを接続し、そのPCの共有設定をします。
まず、ネットワークアダプタを選択し
02
その選択したネットワークプロファイルの
03
共有オプションについて「共有」を有効にしました。
04
そして、接続したHDDドライブのプロファイルを表示して、
05
アクセス許可を与えました。

すると、iMac側のFinderのネットワーク項目に、
WindowsPCが出現し、
06
該当するドライブを選ぶと、
07
iMacのデスクトップに表示されました。
08
これで後は普通に、
先ほど作った受入フォルダごとドラッグ&ドロップすれば、
80あまりのフォルダの全ての写真をHDDにコピーできます。

しかし、この方法は、ネットワークの気まぐれにより、
結構うまく行ったり、行かなかったりします。
我が家ではWifi基地が二つあるので(古いのと新しいの)、
そのどちらに繋がっているかで、様々な状況が生まれ、
ネットワークの機嫌が悪いと、うまく共有できなかったりします。

そこで逆方向を試してみました。
iMacをネットワーク上で共有するのです。
システム環境設定の「共有」で次のように設定します。
09
すると、同一アカウントでログインしたWindowsのPC上に、
iMacが現れてきます。
10
後は、さっきと同じように、
ドラッグ&ドロップで簡単に作業できます。
こちらの共有方法は、かなり安定していました。
Macの方がセキュリティが厳格すぎない感じです。
両方のやり方で作業し、結果的には合計三時間ほどかかりました。

娘から与えられた課題は済んだものの、
なぜiMacとWindowsの共有がすんなりできなかったのか、
いまいち腑に落ちませんでした。
そこで概念図を書きながら問題の切り分けをしてみました。
まず、当初のやり方の場合の我が家のネットワーク構成は次の姿です。
iMacは同じ室内にあるアクセスポイントにWifi接続しています。
11
この姿で、Windowsマシン(Lenove)につないだHDDも、
それから我が家の家庭内共用ドライブであるHDD(nas)も、
iMacからみることができました。
次に、Wifiの接続先を新しいWifiルーターに変更してみました。
次の姿です。
すると、どちらのHDDも見えませんでした。
12
この時、ルーターの詳細設定から家庭内機器の接続状況を確認してみると、
それぞれ、次の左と右になっていました。
13
アクセスポイント経由でルーターに接続していたiMacは、
ルーターからは有線接続として認識されていたのです。
ここが原因かもと思って、次の接続方法を試してみました。
14
ルーターへはダイレクトに有線接続です。
すると、全く問題なくHDDにもnasにもつながりました。
どうも、無線接続と有線接続の違いが原因のようです。

そこで、ルーターの取扱説明書を調べると、関連しそうな説明がありました。
「プライバシーセパレーター機能」に関する次の説明図です。
15
無線接続している端末同士のアクセス(共有)を禁止するものです。
この図でAとBのパソコン同士のアクセスですね。
ただし、それぞれが有線と無線で接続している端末同士の場合は、
アクセス制限にかからないそうです。
もっとも、今回の私の作業中は、
このセパレーター機能はデフォルトで「オフ」になっていますから、
この仕様とは直接的には無関係です。
それに、この機能を「オン」にしたとしても、
有線(Lenovo)と無線(iMac)の接続同士だから、アクセスできたはずです。

まあ、そこからの類推になるのですが、
無線接続はセキュリティ上あまり信用されていないようですね。
そして、Wifiルーターの仕様と設定の仕方により、
繋がり方に微妙な違いが生じることは間違いなさそうです。
勉強になりました。

UVライトでティアラ修理2021年02月15日

孫娘のティアラが、またまた壊れてしまいました。
UVライトでティアラ修理
写真左側の青線部、この細いところが折れてしまったのです。
いかにも壊れそうな箇所です。
実は右側の同じ部分も一月ほど前に折れました。
その時は、今後は壊れないようにと、
プラスチック板で裏打ちして補強しました。
その様子が次の写真です。
02
裏から見ると、修理跡がちょっと無残です。
素直な孫は、この出来栄えでも喜んでくれました。
とはいえ、修理屋としては若干不満。
それで今回は特殊な修理道具を買ってみました。
ボンディックなる液体プラスチック補修材です。
そこそこ高価。
03
使い方は、まず次の写真のように、
特殊プラスチックの液を滴下して、
補修箇所を約1mmの膜(補修層)で覆います。
04プラスティック層の形成
次に、その液体プラスチックに向かって、
付属のLEDで紫外線(UV)を4秒間照射します。
LEDライト照射
このプラスチックは紫外線を浴びると硬化するようです。
そして完成。補修跡は全く目立ちません。
ティアラ修理完了
結構、強度もあり、使い方によってはかなり役に立ちそうです。
でも、おもちゃのティアラを修理するのに、
二千円以上も注ぎ込んで良いのか?という疑問は残る。