▪️次のボックスに適当な文字列(複数可)を入力して、当ブログ内を検索できます ▪️下の目次タイトルをクリックするとテーマ別過去記事の目次へ飛びます
    ・目白の風景 今昔:目次
    ・吉祥寺の風景 今昔:目次
    ・昔と今の写真(番外編):目次
    ・地中海バブル旅行etc.:目次
    ・旅のつれづれ:目次
    ・母のアルバム:目次
    ・すべてのカメラに名前がある:目次

ベビーローライ改造でピンボケ防止(4)2017年04月21日

前回)からの続きです。

ベビーローライの弱点とも言える「部分ボケ」を防止するため、
フィルムガイドローラーを付け足しました。
注射針の流用です。
Baby_Rollei改造で部分ボケ防止
この自家製ローラーを手でつまんで回すと一応回転します。
ただし、フィルムの巻き上げに伴って回転するかはやや疑問です。
それでも注射針の表面はメッキがされているので、
フィルムの膜面がこすれても、傷がつくことはないと思いました。
それで早速12枚を試写して現像。

結果はおおむね良好でした。
基本的には次のようにきちんとした写りです。
ベビーローライ高戸橋1
ただ次の写真のように、
中央部がちょっと部分ボケかな?と思わせるのが一枚ありました。
ベビーローライの中央ボケ

127フィルム(ベスト版)は、120(ブローニー)に比べると、
スプール(巻軸)が細いため、巻き癖が強めになります。
その結果、フィルムの内部応力が強く残り、
平面性の保持困難 → 中央部ボケの発生
こうなるのかもしれません。
試しに、次のような実験をしました。
ブローニーフィルムをマミヤ645の中枠にセットして、
03
周囲を次のように押さえ込みます。
04
この状態は、まさに撮影時のフィルムの状態ですが、
残念ながら、中央部がレンズ側に少しはらんでいます。

結論としては、
注射針のガイドローラを追加して、
部分ボケ防止についてはそれなりの成果を得ましたが、
根絶するまでには至らなかった、と言えるでしょうか。

そして私の場合、
既に興味の対象は「ガイドローラー」自体に移ってしまいました。
いかにして完璧なローラーを造るか、です。
写真の写りよりも、ローラーの完成度が興味の対象になったわけです。
熟考の末、見つけたのが次の「ししゅう針」です。
ししゅう針でガイドローラー
1.4mmφの注射針の中に次のように針を仕込みます。
ローラー構成
左右は1.02mmの針の先端のテーパー部分だけをカットしたものです。
中央は0.86mmの針で、補強目的で入れました。
完成形は次の写真です。
ローラー完成
このようにローラーと軸を一体化するのが「みそ」です。
この場合、ボディと接するのは先端ばりの一部分だけですから、
回転するときの摩擦力は大幅に低下するはずです。
これを「軸一体回転型」とでも名付ければ、
これまでの
軸固定型ローラー
は「軸固定型」と呼べますね。
いずれにせよ、ローラーが軽快に回るためには、
・ブレない軸をつくること。
・回転部と固定部間の摩擦力を最小にすること。
この二点が重要です。
今回の針ローラーは、その条件を満たしています。

軸回転型
このように出来上がったローラーをボディに取り付け、
転がり落ちないようにプラスチック片で蓋をしました。
軽快に回転するローラー
指先で撫でてあげると、コロコロと回転しました。
これであれば、フィルムが通過する時も軽快に回転してくれそうです。
素人の改造としては、まあ上出来の部類でしょう。

この改造を施しても、撮影フィルム一本に一枚くらいは、
妙なボケ方をした写真が、撮れてしまう可能性は残ります。
しかも、いつ発生するかは予測不能という状態。
まあ、「美女は気まぐれ」と思うしかないのかな。

これまでの試写で、当初購入した127フィルムは使い切りました。
次は、自家製フィルムで撮ってみる予定です。
その作り方について、ネット情報はたくさんありますが、
何か自分なりに面白い方法を考案したいものです。

(一旦終り)

ベビーローライ改造でピンボケ防止(3)2017年04月16日

前回)からの続きです。

ベビーローライのフィルムガイドローラーは、
完全円筒形ではありませんでした。
その欠点を補うために、
手持ちのエアダスターの「ノズル」パイプを次の箇所
ベビーローライ改造
に置いたのですが、これが猿知恵で、見事に失敗しました。
ローライ売り物のオートマットが効かなかったのです。
その原因を探ってみることにしました。

これまで得た知識をもとに、カメラの概念図を書きました。
ベビーローライ断面図
ピント面(ガイド)レールより、圧板押えの位置が高いため、
ピント面レールと圧板の間には約0.4mmの隙間ができます。
このトンネルのような隙間をフィルムが通っていくのですが、
フィルムの端部では、フィルムと遮光紙に段差があるので、
この段差がフィルム検知用突起(フィルムフィーラー)を蹴飛ばします。
これで、オートマット機構が目覚めます。

これに対して、ノズルが置かれた状態は次のようになります。
02
ノズルの直径は2.4mmでした。
これが置かれることにより、圧板が正規の位置まで届かず、
ピント面レールと圧板の隙間が広がります。
ということは、フィルムと遮光紙の段差も、
突起に引っかからずに通過できてしまいます。
だからオートマットは機能しなかったわけですね。

原因を突き止めたからには、解決方法も見つけたいです。
今度はもっと細いガイドローラー代替品を探しました。
そして見つけたのが次の注射器でした。
注射器
”Can-Do"の女性用化粧道具売り場にありました。百円です。
隣のビニール袋は鉄道模型レイアウト製作用の虫ピンです。
これらを、次の写真のように組み合わせます。
ローラー構成
注射針は直径1.4mmです。これを4.4cmほどの長さに切ります。
その両端に頭を落とした虫ピンを差し、
虫ピンを軸として針を回転させることを考えました。

ただし、この針ローラーを望ましい位置に設置するためには、
ベビーローライのボディをちょっと彫り込まねばなりませんでした。
「貴婦人」のようなカメラを傷物にするのは心が痛みましたが、
ヤスリを使ってギコギコ彫り込みました。
(数万円の骨董品が市場価値ゼロ円になったわけです)
そして、ローラーを、彫り込んだ溝に落とし込みました。
ベビーラーライ改造ローラー
両端の虫ピンを瞬間接着材でボディに固定すれば完成です。
この状態を断面図にすると次のようになります。
完成断面図
「完璧!!」なはず。
これで、またまた試写しました。

続く

ベビーローライ改造でピンボケ防止(2)2017年04月10日

前回)からの続きです。

ベビーローライで撮影した写真に「部分ボケ」が発生しました。
そして、その原因は、
フィルム面がレンズ側に孕んでしまうため、と考えられました。
この孕みを抑えるためには、
他の高級カメラには一般的に装備されている円筒形のガイドローラー、
これをベビーローライにも設けてあげれば良さそうです。
何か代替品がないかと探してみました。

目をつけたのは次のもの。
ベビーローライに流用
エアークリーナーの「ノズル」パイプです。
これを4.3cm程度にカットして、次の写真の位置に置いてみました。
ガイドローラー代替品
一見良さそうです。
カメラを立てると下に落ちてしまいますが、
撮影中はフィルムに押さえられて、この位置に止まるでしょう。

また、もう一つの改善策を実施しました。
35mmフィルムのパトローネを分解し、
パトローネ分解
引き出し口のフェルトを剥がし、
両面テープで巻取り側のローラー中央部に貼り付けました。
ガイドローラー嵩上げ
これで撮影窓の上下枠部分で、
ガイドローラーの太さを確保できましたから、
フィルムの平面性は向上するはずです。

喜び勇んでフィルムを詰め、巻き上げノブを回しました。
ところが、「あれ?、カウンターが進まないぞ!」
ベビーローライ売り物のオートマットが効かないのか、
枚数カウンターになかなか[1]の数字が出てきません。
やっと出てきて2・3枚シャッターを切ったら、
フィルムの終端に来た感じになってしまいました。
重大な不具合発生です。
壊れたか!と不安になり、
取り敢えず最後まで巻き取ったフィルムを、
ダークバックの中で全て元のスプールに巻き戻し、
今度は「ノズル」なしで普通に9枚ばかり、撮影しました。
この撮り直し時は、物事は普通の経過をたどり、現像結果も普通でした。
改造ベビローライ撮影結果1

改造ベビローライ撮影結果2

「良かった!、壊れはしなかったようだ」
そして、今回特に気になっている「部分ボケ」もないようです。
「ふ〜む、フェルトの効果があったのかな」
巻取り側ローラーに巻き付けたフェルトが効いたのかも知れません。
しかし、スキャン結果を拡大してよく見ると、
「やっぱり、問題あり!」
フィルムに縦線状に傷が付いていました。
膜面に傷
ガイドローラー代わりに仮置きしたノズルの表面に、
微細なささくれでもあったのでしょう、
それが最初にフィルムを通した時、フィルムの膜面を傷つけたのですね。
いずれにせよ、わたし的には実験は大失敗!!
フェルトは良い結果をもたらしたかもしれませんが、
それだけで満足する訳には行きません。
ガイドローラーの別案を検討することにしました。

続く

ベビーローライ改造でピンボケ防止(1)2017年04月04日

先月のブログ記事「無改造ベビーローライに35mmフィルム1」で、
このカメラ入手後の初試写の時に、
一応綺麗に撮れたが問題点もあったことを書きました。
その問題は何かというと、「部分ボケ」です。
12枚撮りのうち2枚にこれが発生しました。

普通に撮れれば、
ベビーローライで目白を撮影
このようにきめ細かい画像です。
ところが、12コマのうち5・6枚目が、次のような状況でした。
神田川をベビーローライで

明治通りとビックカメラ
一見、単なるピンボケのように見えますが、
よく見ると、周辺部はそれなりにピントが来ていて、
中央部だけが縦に広い範囲でボケている状態です。
最初は、スキャン時のフィルムの平面性を疑いました。
それで、フィルム面を表にしたり裏にしたり、
あるいはガラスで押さえたりしてスキャンしましたが、
結果は変わりませんでした。
ということは撮影時にすでにピントが甘くなっていた、
と結論付けざるを得ません。

今度はカメラを仔細に眺めてみました。
それで思ったこと。
「ベビーローライはフィルムの平面性保持が苦手かもしれない」。
その理由を、次の写真で説明します。
ベビーローライでピンボケ?
撮影窓の上下枠の外側にある「ガイドローラー」に着目しました。
この形状が、完全な円筒ではありません。
中央部が端部より細くなっています。
フィルムの正しい位置=焦点面は、
「ピント面レール」と「圧板」に挟まれた位置ですから、
このローラーの中央部は焦点面よりも少しレンズ側にあります。
ということは、
フィルムに対して次の写真のような力が加わると、
ピンボケの原因
フィルムはこれに抵抗できずに、レンズ側に湾曲してしまいます。
そして、例えば無限遠の風景に焦点を合わせて撮影すると、
この歪んだ部分はオーバーインフとなって、ボケてしまいます。
ただし、左右両サイドはピント面レールと圧板に挟まれているので、
正規の焦点位置にとどまりボケない、と考えられます。
上下端も一応「枠」があるので、腹み量は1mm弱にとどまるはずで、
これも画像上下端のピンボケ度は少ない、という結果と一致します。

これまでブローニーフィルムを使ってきて、
このような部分ボケを経験したことはありません。
確かに次の写真の、
フジカ FUJICA GS645(左)やマミヤ Mamiya C220(右)においては、
他のブローニーカメラは
フィルムの送り側と受け側(巻取り側)に、
完全な円筒上のガイドローラーが付いています。
もちろん、ベビーローライの兄貴分の
6x6ローライフレックスにも装備されているようです。
すると、このベビーローライは、その点ではやっぱりベビーなの?

続く

鉄道模型のレイアウト設計補遺2017年03月30日

前回)の記事の補遺として、
データ的なものを残しておくことにしました。

・一体どれだけの数の線路を購入したのか?
Nゲージ購入セット
当初、この写真に写っている「基本セット」なるものを購入し、
計画途中でダブルクロスを導入するために「複線両渡りセット」を買い足し、
その後は、設計の進展に合わせて必要数と手持ち数を比べ、
不足分を追加発注していました。
最終的には次のようになりました。
線路集計表
これで費用の合計はいくらぐらい?
あえて今の段階での費用集計はしないことにしましたが、
感覚的には電動のポイントの価格が過半のはずです。
単純な直線・曲線は驚くほど安価でした。

・走行車両は?
長編成の車両を走らせる予定はないので、
現在の手持ち車両は、まだ次の4台と質素です。
Bトレインショーティー
都電3台と、昔懐かしいカナリヤ山手線。
このうち寸足らずのカワイイ車両は、
バンダイの「Bトレインショーティー」です。
それに別途購入した動力ユニットを組み込みました。
Nゲージ車両は一般的にR249の曲線を通過できるように設計されているようですが、
このBトレにKATOやバンダイ製の動力ユニットを組み込んだ車両は
R100程度の曲線やR150のポイントを楽々通過します。

・勾配計画
レイアウトに変化をつけるための立体交差を、
畳一枚分の広さで実現するのは結構厳しいです。
車両寸法を測ると、交差するには約5cmの高低差が必要でした。
今回は基準レベルをパネル面"+20mm"にかさ上げし、
そこから、一本は更に30mm昇らせ、
他方はパネル面まで20mm下らせました。
Nゲージ勾配計画
仮組み状態での試走結果に基づき、基本勾配は3.5%以下とし、
登り始めと終わりには、可能な限り約2%の緩和勾配部分を設けました。

・配線計画
フル稼働には次のような配線が必要です。
鉄道模型配線図
このうち3台目のパワーパックは未入手。
実際、3区間に3台同時走行することがあるのか?
そこまで律儀に買い揃えるか?、と自問したからです。
家族にあきれられるのもほどほどにしないと。

・アナログとデジタル
鉄道模型の世界も最先端はデジタル化しているらしい。
走行車両に信号を飛ばして、
同一回路の線路上にある複数の車両を個別制御するらしい。
最近そのことを知ったが、それは十年後の課題にしよう。