▪️次のボックスに適当な文字列(複数可)を入力して、当ブログ内を検索できます ▪️下の目次タイトルをクリックするとテーマ別過去記事の目次へ飛びます
    ・目白の風景 今昔:目次
    ・吉祥寺の風景 今昔:目次
    ・昔と今の写真(番外編):目次
    ・地中海バブル旅行etc.:目次
    ・旅のつれづれ:目次
    ・母のアルバム:目次
    ・すべてのカメラに名前がある:目次

二次元ジオラマの縮尺は?2017年05月25日

前回)からの続きです。

先日二次元的に完成した鉄道模型のジオラマにおいて、
私が走らせようとしているのは、次の都電です。
Bトレインショーティー
左側は正規のNゲージ縮尺である 1/150 のモデル。
右側は(株)バンダイの「Bトレインショーティー」シリーズの都電で、
縮尺は一応 1/150 となっていますが、
長さだけは 約1/220 と寸詰りになっています。
220分の一、ということはZゲージの縮尺ですね。

それで、ジオラマ模型の風景は 1/220 で作ることにしました。
この1/220のジオラマの中を、Nゲージ規格のBトレが走ると、
次のような情景になるはずです。

まず、「日産販売目白高田」の脇を走る普通の都電の側面はこうです。
都電側面
これが「Bトレ」規格の都電になると、こうなります。
拡大

同様に、正面から見ると、現実では
都電正面1
こうなっている「学習院下駅」の都電が、私の模型では、こうなります。
正面1拡大

同じく「千登世橋」から眺める都電は、
千登世橋から正面2
こんな風に大きくなります。
正面2拡大
なかなかユーモラスでしょう?

さて、1/220の縮尺を採用したことで、
畳一枚分のパネルに盛り込める内容がずいぶん多くなりました。
目白ジオラマNゲージ鉄道模型
これは、そのジオラマの写真に、
白文字で主要な施設・場所名を記入したものですが、
私の心に残っている目白の風景がほとんど網羅されました。
かつて私が住んでいたアパートの石々荘や彩雲荘も再現しました。
(施設等の相互の位置関係、すなわち配置はランダムです)
そして、これって本当の航空写真っぽいでしょう?
それもそのはず、この二次元ジオラマは、
本物の航空写真を「切った貼った」で作り上げたものです。
だから、このように真上から見る分には、本物の鳥瞰写真に見えるはず。
ところが、実は、斜め上方からクローズアップすると、
千登世橋のトンネルは次のようになり、
千登世橋
このトンネルからの出口は、
トンネル出口
こんな風になっているので、やはりここだけは、
もう少し体裁を整えなければいけません。

(一旦終り)

二次元ジオラマ目白ほぼ完成2017年05月19日

Nゲージ鉄道模型の目白版が、ほぼ完成しました。

目白の都電1
目白の都電2
「ほぼ完成」というのは、まだ立体になっていないからです。
この段階の模型はなんと呼べばいいのか?
・ジオラマシート
・平面ジオラマ
・二次元ジオラマ
などと考えて、その最後の名称を採用しました。
いずれ主要箇所を三次元化していくつもりです。

続く

127フィルムのスキャン2017年05月12日


ベスト判フィルム
127フィルム(ベスト判フィルム)を作る方法を完成させたら、
次にやる事はスキャニング方法の検討です。
最初はお手軽に次のような方法を試してみました。
01
既に壊れたスキャナF3200に付属していたホルダカバーを使いました。
カバーの透明板の上に糸を張り渡し、両端を固定します。
この糸をフィルム抑えとするわけです。
スキャンプレビューするとこんな具合。
02
ここで取り込み画像を一枚ずつ指定します。
ベビーローライで35mmフィルム遊び」の時も同様に使えます。
03

04

しかし、この方法は、何かスマートさに欠けるような気がしました。
それで、いつものことですが、
定形外フィルムをスキャンする場合の常套手段、
フィルムマスクを今回も作成する事にしました。
まず試作。
05
120フィルム(ブローニーフィルム)と同じ幅の紙の中に、
127フィルムを仕込んでしまいます。
そして、後はスキャナGT-X970に普通にセット。
127フィルムのスキャン
次のようなプレビュー画面を得ます。
07
やはり、こちらの方がカッコ良いです。

ただし試作の段階では寸法の押さえが甘かったので、
本番では厳密に寸法を決めました。
次の写真が熟考の跡を物語っています。
寸法を検討した殴り書きのスケッチと、切り出したパーツです。
08
パーツは、中央が厚手の黒い紙(フィルムより少し厚め)、
その両脇の枠はイラストレーションボード(1mm厚)で作りました。
パーツを張り合わせるとこうなります。
09
上が試作品。下が本番で、長さを長くして4コマ分に対応しました。
ダミーフィルムを潜らせてみると、ちょうど良い感じ。
これをスキャナーにセットすれば、
先程と同じようにプレビュー画面が出てきます。

さて、ここで面白い事を発見しました。
GT-X970にブローニーフィルム用のホルダをセットすると、
スキャナはブローニーサイズの画像を読み取ろうとします。
だから、プレビュー画面で「通常表示」から「サムネイル表示」に切り替えると、
デフォルト設定では次のようになってしまいます。
10
スキャナが困惑していますね。可愛いです。
6cmx6cmのブローニーサイズでなく、
4cmx4cmの画像が並んだフィルムなので、
各コマを識別できずにいるのですね。
しかし、ここからが本題ですが、『環境設定』で、
ブローニーフィルムのサイズを6x4.5と設定してあげたところ、
11
このスキャナは、目が覚めたように本領を発揮しました。
12
このように、一コマ一コマを認識したのです。
これでスキャニング作業が格段に便利になりました。
しかも、このフィルムマスクが2枚あれば、
ベビーローライ等で撮影した12枚撮りのフィルムだったら、
わずか一回半のスキャンで読み取り終了です。

しかし、実を言うと、まだ二枚目のマスクを作製できていません。
というのは、マスク作製時に、
厚手のイラストレーションボード等から3枚のパーツを正確に切り出し、
それらを誤差なく貼り合わせるのは、とても神経を使う作業です。
かなり厳密に寸法を守らなければいけません。
そうしないと、フィルムを仕込めないとか、
マスクをスキャナに装填できないとか、
画像がけられてしまうとかのトラブルが生じます。
一枚のマスクを作り終わると、それですっかり消耗して、
暫くは同種の作業は敬遠したくなります。

そんなわけで、二枚目のマスクを作るのは数ヶ月後になりそうなので、
その時まで忘れないように、先程の手書きのスケッチをCAD化しました。
127フィルム用スキャンホルダ

ベスト判フィルムスキャンホルダマスク
これでOK。

ベビーローライ用127フィルム製作(2)2017年05月07日

前回)からの続きです。

「127フィルム切出し大成功!」のつもりが、大失敗でした。
切り出したフィルムを遮光紙と共にスプールに巻き付けようとしたら、
「何かきつい! でも、無理やり巻いちゃえ!」
と、途中まで頑張ったものの、あまりの感触の悪さにギブアップ。
フィルム救出は諦めて、ダークバックから取り出し観察してみたら、
フィルムのサイドが次のようにギザギザになっていました。
スプールの内側に無理やり押し込んだので変形したのですね。
127フィルム製作失敗!
同時に作製されるはずの16mmフィルムも、
その幅を測ってみたら、14mmしかない。
結局、どういうことかというと、当初の目論見のフィルム幅46mmに対して、
02
実際には47.0〜48.0mmになっていて、
遮光紙の幅も(ということはスプールの内法も)上回っていたのですね。
それでは巻けないはずです。

仕切りなおしです。
「切り出し機」の「刃」の位置を少し左側へずらしました。
刃が埋め込まれたボードは、
スチレンペーパーと共に両面テープでマガジンに貼り付いているだけなので、
これを剥がしてボードの端を少しカットすれば、簡単に貼り直しできます。
03
そして再度切り出して、巻いてみると、今度はOKの感触。
フィルムの余りを使って予定通り16mmフィルムも二本作製。
04
今度こそ!と思い、ベビーローライにフィルムを装填して、
巻き上げノブを回していくと、「あれ? 何か変??」
オートマットが利き始めるまで、こんなに回したかな?、という疑問が。
案の定、最初の4枚分は空送りされていました。
05

ローライのオートマットは実に精妙にできているらしく、
ちょっとしたことで機能しなくなるんですね。
"Automatic film feeler mechanism" の
フィルム検知用突起(下の赤矢印)は本当に小さなものですから。
06
ちなみに、この突起部からは少し光が漏れるらしく、
フィルムに痕跡を残します。
それを見て今回のトラブルの原因が分かったのです。
正常な場合は次のような痕跡になります。
07
ところが今回のフィルムのうち、幅が狭いところでは、
痕跡が半分ほどしか付いていませんでした。
08
つまり、フィルム始まり側の端部の幅が狭いと、
巻取り開始時に次のような状態になり、
09
フィルム検知用の突起を十分には蹴飛ばせないのですね。
実際、この二回目のフィルムの幅を測定してみると、
44.0〜45.0mmしかありませんでした。

ということで、この二回の失敗をもとに、
127フィルムの幅について分かったことをまとめてみると、
次のようになります。

市販品:46mmに対して、
失敗1回目:47.0〜48.0mm → 127フィルムとして不適格
失敗2回目:44.0〜45.0mm → 一般には使えるがベビーローライには不適
次の3回目の目標値:45.0〜46.0mm

3度目の正直、
「切り出し機」の「刃」の位置を少し元に戻しました。
10
結局、素人の手作業に誤差はつきものですから、
フィルム幅の最適寸法を得るためには、
二、三度の微調整が必要ということですね。

そして、今度こそ完成!!!!
カメラにフィルムを詰め、
ノブを回してオートマットの機能が働き始めることを確認し、
新宿御苑で試写しました。
現像すると、OKそう。
11

12
12コマ、全部、写っていました。
フィルム幅も45.5〜46.0mmに収まっていたので上出来です。
12枚撮りのカメラで12枚撮れて、
当たり前のことなのに、こんな嬉しいなんて不思議ですね。
まあ、気難しい貴婦人のようなカメラが相手だから、しょうがないです。

画像を読み込んでみると、基本的には良い写りでした。
例えば、次の樹木(名称不明)など、悪くないでしょう?
13
ところが........、なんです。
やっぱり時々、中央部に「部分ボケ発生!」
14
私が、こんなに苦労して尽くしているのに、
ベビーローライの我儘と気難しさは、決して直らないみたいです。

(終り)

以下は蛇足です。
127フィルム製作について学習したことを、備忘録としてまとめてみたものです。

◼︎フィルム幅について
1.ブローニーからの切出し時に若干フィルムが蛇行し、
 約1mm程度の製作誤差が生じる。
2.フィルム現像時に私が使用しているリール(パターソン用)に
 最も巻取りやすいサイズは45mm。
 この理由から、フィルム幅の管理値は、45.0〜46.0mmとする。

◼︎作業環境について
製作作業の過程で色々な材料・道具が必要。
15
切り出しは切り出し、スプールへの巻き込みは巻き込みと、
作業はできるだけ分割し、その都度、
必要な機材のみダークバックに入れると間違いを防げる。
作業途中でダークバックを開くとき、
フィルムは現像タンクなどに避難させる。
また、そのついでにダークバックの中を換気すること。
換気せずに作業を続けると、自分が発する湿気でフィルムがベトつき、
作業に支障をきたしたり、撮影結果に悪影響を及ぼす。

◼︎スプールへの巻き込みについて
フィルムの巻き終わり端部(撮影1枚目側)は、
遮光紙にテープ止めすることになるが、
これをダークバックの中で手探りで正しい位置に貼り付けるのは難しい。
その解決法として「35mmフィルム」で採用した方法が使える。
16
すなわち、上の図に示すようなダミーフィルムを事前に貼り付けておき、
フィルムの巻き終わり端部を、その下にもぐりこませる。
こうするとダークバックの中の作業が簡便になると同時に、
フィルムとフィルム検知用突起との位置関係も正確になるので、
ベビーローライのオートマット機構を確実に作動させることができる。
(追記:フィルム端部は、ダミーフィルムの下で、
 一応テープで軽く止めておいた方が正確に巻き取れる)

◼︎余りで作る16mmフィルムのこと
この長さで何枚撮影可能か計算してみる。
かつて私が『ミノルタ16用フィルムの製作
に記した計算法で試算すると、
「ミノルタ16」での撮影枚数は約20枚となる。
 計算式:(フィルム長さ413mm ー リーダー部90mm)÷16mm=20.18枚
最後のから写し分2枚を除いて、約18枚と考えるのが妥当。
また、イメージサイズが拡大した「ミノルタ16QT」の場合は、
 計算式:(フィルム長さ413mm ー リーダー部90mm)÷19mm=17枚
となるので、同様にから写し分2枚を除くと、約15枚となる。

ベビーローライ用127フィルム製作(1)2017年05月01日

前回)からの続きです。

ブローニーフィルムから127フィルムを自作する方法として、
一般的に知られているのは中判カメラの流用です。
中判カメラにブローニーフィルムを装填し、
そこにフィルムカット用の刃を何らかの仕組みで突き立てて、
そのまま普通に巻き上げていくと切り出されるというものです。
その切り出したフィルムを、
127用のスプールに遮光紙と共に巻き込めば出来上がりです。
しかし、途中の作業はダークバックの中で行うので、
「指先切った!」とか血まみれの作業になったりします。

私はこの作業を次の道具を使って行うことにしました。
127フィルムの製作
マミヤ645用のフィルム中枠です。
この中枠、普通には一個あれば十分なのですが、
ジャンクカメラに手を出していると、
こういうものが必要以上に集まってしまうのです。
その一つを潰すと上手く行きそうな気がしました。

まず切出し寸法を次のように設定しました。
ブローニーフィルムから、
127フィルムと同時に16mmフィルムも作ってしまおう、
というちょっと欲張りな、でも、割合一般的な方式です。
ベスト判127フィルム製作寸法図
設計図では、ベスト判127フィルムの大きさを、グレーで表しています。
黄色と緑は16mmフィルム二本分を表しています。
127フィルムとして使用する部分の残りは15〜16mm幅となるので、
その残り部分の総長さ826mmを二等分して、
半分の長さの413mmにすれば、
かつて市販されていた16mmフィルムの長さ450mmに近いという訳です。

なお、この設計をする前に、
市販のフィルム各種を実測し、次の寸法を得ています。
フィルム幅(カッコ内は遮光紙幅)x フィルムのみの長さ、を示します。
・ブローニー120フィルム:61mm(63mm)x 826mm
・ベスト判127フィルム :46mm(47mm)x 637mm
・16mmフィルム:15〜16mmx 450mm

作り方の手順の概略を以下に記します。
まず「切り出し機」を作ります。
上記設計図に基づいて、ダミーの遮光紙に切り分け位置をケガきます。
03
ここに切り分け用の刃が立つことになるので、
645用のフィルム中枠の裏板(フィルム圧板)に溝を作ります。
電動ルーターを使用しました。
04
中枠をフィルムマガジンにセットした状態を、
外側(カメラ本体側)から見ると次のようになります。
(遮光板は外してあります)
05
「溝」とそこに入り込む「刃」が写っているでしょう。
この刃としては、安全剃刀の一部を使いました。
そして、645カメラの撮影枠に嵌る大きさのボードを別途用意して、
そのボードにカミソリの刃を埋め込み、瞬間接着剤で固定しました。
埋め込み位置は設計図から算出しました。

カミソリ付きのボードを撮影枠に嵌め込み、
その状態をマガジンの外側から見ると、次のようになります。
06
刃がボードの外側にも飛び出していて危険ですね。
それで少し厚めのスチレンペーパーを外側に貼って、
次のように刃の露出を防ぎました。
07
ここで、フィルムマガジンの内側を見ると、
中枠を入れる前は次のような状態です。
08
鋭利な刃が見えているでしょう。
ここに、ブローニーフィルムを装填した中枠を
09
パチンと嵌め込むと次の状態になります。
10
ここから先はダークバックの中の作業となりますが、
刃は完全に隠れていますので危険はありません。
この写真のとおり、手探りで巻き上げノブを回していけば、
フィルムは次のように切り分けられていきます。
(テスト用のフィルムを、途中でダークバックから取り出して撮っています)
11
この写真ではちょっと分かりにくいので次に拡大してみました。
12
切り口が分からないくらい、実に鋭利に切れているでしょう?
フィルム側から見ても、
13
気持ち良いくらい綺麗な切り口でした。
「127フィルム切出し作戦大成功!」の予感です。

続く